節約するならレビトラよりバリフ!どちらもいきなりの誘いもOKなED薬

EDになる要素

セックスの時だけ勃起が十分にできないでパートナーを満足させてあげられない、このような症状をED(イーディー)と言います。
勃起が全くできないのはもちろん、勃起できても途中で中折れしてしまったり、勃起するのに時間がかかってしまうなども含まれます。
日本語では勃起障害と言い、若い世代からこの症状が出てる方もいらっしゃいます。
年齢を増すごとに、EDになりやすいのですが、原因は大きく分けて2パターンあると考えられています。
まず一つ目に身体的要因です。
男性性器自体には問題はないのですが、動脈などに異常がみられると勃起障害になりやすくなります。
高血圧症や糖尿病など生活習慣病は動脈がスムーズに働かなくなってしまい、勃起させるための血液が海綿体へ送れにくくなってしまうのです。
年齢をますと動脈の働きが悪くなるのに加え神経伝達もスムーズに行えなくなるので高年齢になると勃起しづらくなります。
しかし適切なケアなどを行っていると高年齢になっても勃起ができる方もおられます。
そしてもう一つの原因は精神的要因です。
これは若い世代に多くみられがちで様々なプレッシャーやストレスから勃起できなくなってしまいます。
まずセックス自体に対して嫌悪感を持ってるかたや、女性不信の方などはなりやすいです。
他にも社会的なストレスや人間関係がうまくいってないなど悩みを持っていると勃起しづらくなってしまうのです。
これは神経伝達に関与していて、勃起は脳から信号を送ることで、陰茎の海綿体へ大量の血液を送ります。
この作業がすんなりと行えないので勃起もすんなりいかないのです。
まだ自分は若いし、マスターベーションの時は勃起できるからEDではないだろうと思っていても、性行為時に勃起に関して障害があれば立派なEDです。
改善方法はいくつかありますが、手っ取り早いのは治療薬を服用して自信を取り戻すことです。
ストレスや悩みはなくなることはありません。
病気などでないのであれば自信を取り戻すことが一番の改善方法と言えるでしょう。
勃起障害の治療薬は現在3種類存在しており、効果の持続時間などによって異なります。
自分の症状と照らし合わせてみて選択する事ができます。