TOP > バリフの効果や副作用

バリフの効果や副作用、人気がある理由をご紹介!

レビトラのジェネリック!人気のバリフ!

人気のレビトラジェネリック、バリフ

レビトラのジェネリック医薬品である「バリフ」。ゆえにその効果は同じものでもあります。

バルデナフィルという成分がPDE5を抑制し勃起を促すというと難しく聞こえますが、具体的にはバリフは男性器を元気にさせてくれるED治療薬ということ。レビトラ同様即効性に長けている点はメリットのひとつでしょう。性行為の30分前くらいには服用しておけば最短15分ほどで効き始め、60分後にはピークとなります。これはシャワーや前戯の前に服用しても十分効果を得ることができるタイミングとなります。持続時間は5時間程度ですが、時間ともに効果は薄れていきます。

時間を待たずして性行為へ移ることができるのもメリットだと言えるでしょう。

ところで、お薬の継続時間中は勃起の影響で外出などができないと思っている人も居るようですが、バリフによる勃起には性的興奮を必要とするため、たとえ持続時間中であったとしてもそれは効果が継続しているだけであり、刺激がなければ勃起状態にはならないため外出なども自由に行うことができます。

バリフの人気を探る

即効性の高いレビトラ

EDになったひとにとってED治療薬というのはたいへん頼りになるものと言えます。そんなひとたちの間で有名なのが、三大ED治療薬と言われている「バイアグラ」「シアリス」そして「レビトラ」の三つです。

バイアグラは最初に開発されたED治療薬であり、その認知度は最も高いと言えるでしょう。EDになる前から、もしくはEDというものは知らなくても、バイアグラという名前は聞いたことがあったというひとは多いでしょう。しかし、世界で最初に開発されたED治療薬であったことや、もともとED治療薬として作られたものではなかったことなどから、改善の余地がたくさんありました。

たとえば、バイアグラは食後に服用すると効き目が悪いという難点があります。胃の中に他の食物が入っていると、成分の吸収がそれに邪魔されてしまい、効果が半減したり、効果そのものが現れなかったりする可能性があるのです。特に油の多い料理だと、油分による影響が大きいのが問題でもありました。食事を先にとってしまった場合は少なくとも二時間以上は空けてからでないと服用できなかったのです。しかし、後発であるシアリスやレビトラはそういったことはなく、食事の影響をそれほど受けずに使えるようになっています。とはいえ、まったくというわけではなく、空腹時の方が効果的という点は変わりません。

バイアグラで見られた副作用も大きく改善されているという点も見逃せませんね。

シアリスというのはゆっくり効果が現れ、ゆっくり効いていきます。その点レビトラは即効性に長けています。バイアグラもどちらかというと即効性はありますが、レビトラほどではありません。時間を考えて服用しないといけないというのは、デート中などでは難しく、よっていつ性行為をすることになっても対応できるレビトラはED治療薬の中でも人気となっています。

ともなれば、安価で購入できてなおかつ効果が同じであるジェネリック医薬品である「バリフ」が人気のお薬となっているのは、納得できるでしょう。

バリフの副作用

バリフで副作用が起こっているかもしれない男

お薬には何にでも副作用がつきものです。ここではそんな副作用について知っておきましょう。

バリフは血管を拡張することによって血流の働きを促すという形で勃起をサポートします。陰茎部分の血管が広がることで勃起状態にしやすくなるのです。しかし、お薬による血管の拡張は陰茎だけではありません。実際には全身の血管を拡張させるので、身体のあらゆる部分でその影響が見られます。たとえば顔のほてりや頭痛というものは、それによる現象であり、副作用と言えるでしょう。血流が良くなるため動悸が激しくなるというのも同じです。

とはいえ、服用をした約90パーセントのひとが体験することでもあるので、気にする必要はなく、仕方のないことと割り切って使っても良いでしょう。どうしても気になる場合は服用量を少なくしてみるなどの工夫もしてみましょう。

しかし、副作用が気になる場合、体調が思わしくないと感じる場合にはすぐに服用をやめて、医師に相談をするようにしましょう。

レビトラとの違い

レビトラのパッケージ

バリフというのは、レビトラのジェネリック医薬品です。よってその効果や用法用量などは同じです。もちろん併用禁忌薬や服用の際に気をつけなければならない点なども同じです。

しかしその中でも違う点はあります。

たとえば、国内で処方されているかどうかという点があります。

バイアグラ・レビトラ・シアリスといった三大ED治療薬は国内で処方されています。しかし、それに準ずるジェネリック医薬品の中には国内で処方されているものもあれば、処方されていないものもあります。

では国内で処方されていないものはどうすればいいのか、というと個人輸入で取り寄せるという方法をとることになります。

バリフは国内で処方されていないため、海外から個人輸入で取り寄せる必要があります。

他にもバリフにはゼリータイプのものがありますが、レビトラは錠剤タイプしかないというのも違う点だと言えます。同じ成分で同じように作られていても、このようにレビトラと違う点があるのです。