レビトラのジェネリック医薬品は種類も多く、中でもバリフはとても人気です。

ED治療薬を使って改善

ED治療薬三種類

男性にとって深刻な悩みと言える勃起不全(ED)。大切なパートナーと性行為ができなくなってしまうというのは、とても辛いことですよね。この病気を治すのに、効果的とされているのがED治療薬です。即効性があるものも多く、服用するだけで元気になれるのでパートナーとの性行為も問題なく行えます。

ED治療薬というのは、簡単に言うと勃起のサポートをしてくれるお薬です。しかし、間違った認識をしている人も多いのですが、このED治療薬というのは、これを服用し続けていると、それだけで治るというものではありません。あくまでもサポート的なお薬になっているので、根本的な解決のためには、生活改善などが必須になります。

とはいえ、勃起がしっかりできて性行為が行えるというのは、ED治療においてとても重要なファクターです。

ただ、こういったお薬の効果を実感するには飲むタイミングや、生活改善もやはり必要になってきます。いい加減に服用したり、不摂生な生活を続けているままでは効果が半減してしまったりと、しっかり実感することができません。その点は留意しておきましょう。

しかし、うまく服用することができれば、治療への第一歩として踏み出すことができます。

勃起のメカニズム

勃起の仕組みを図解

性的興奮があるにもかかわらず、正常に勃起をすることができなくなってしまう病気。それがEDですが、そもそも勃起というのはどういったメカニズムになっているのでしょうか?

男性が五感によって性的興奮を感じると脳が反応します。脳には大脳新皮質という経験から来る性的興奮を司る部分と、大脳旧皮質という本能の性的興奮を司る部分があります。これらは神経を通り生殖器官や副腎皮質、下垂体へ影響を及ぼし、興奮を高めます。

ちなみに、男性器まで伸びている神経には勃起神経というものを通るのですが、その際に自律神経が副交感神経が優位の状態であれば勃起へと至りますが、交感神経であれば勃起をすることができません。

交換神経は不安やプレッシャーといった緊張時に働く神経であり、副交感神経というのはリラックス状態の際に働く神経です。なので緊張していると勃起が起こりにくいというのは、こういったものが原因なのです。性行為の際はリラックスして副交感神経へしておくということが大切になってくるわけですね。

男性器に情報が伝わると、海綿体に血液が送り込まれて勃起へ至ります。

そのためには一酸化窒素(NO)と環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質の働きが重要になります。このふたつが正常に機能している限り、勃起は維持されます。

EDのメカニズム

EDのメカニズムを説明する医者

では、勃起不全(ED)はどういったメカニズムで起きてしまうのでしょうか?

脳から神経を通り各器官、男性器へ情報が行きわたることで勃起は行われますが、このどこかのポイントがうまく起動しない場合、勃起は行われません。

原因のひとつにPDE5による影響があります。これはなにかというと、勃起の際にcGMPという物質が増えます。これが増えたままですと勃起がずっと続いてしまいます。健康上の問題から、それを壊し元の状態へ戻そうという酵素が現れます。それこそがPDE5と呼ばれるものなのです。しかし、勃起に必要な器官のどこかに問題があるとcGMPが増え辛くなってしまいます。血管を拡張させて勃起を促す働きのcGMPが増えないのに、それを壊すPDE5は出続けているため、バランスが取れなくなって勃起状態にならないというわけなのです。

EDへとなってしまう要因というのはさまざまです。単純に「元気にならなくなる病気」として認識するのではなく、身体の中ではこのような現象が起きていて、EDという状態が作られてしまっているというのは、心得ておきましょう。

レビトラの特徴

レビトラというED治療薬

レビトラ

EDとなってしまった場合、生活の流れの中に問題がある可能性もあるため、まずは生活習慣の見直しという手段を考える人も居ることでしょう。生活改善は治療に有効です。また、精力剤を試す人も居るかもしれません。身体の根本から治療するのでこちらも効果的ではあります。

ですが、こういった方法はかなり時間がかかってしまいます。治るまでの間EDと向き合っていかなければなりません。

EDの要因のひとつには、プレッシャーや劣等感もあります。こういった緊張が勃起神経の交感神経を刺激してしまい、勃起することを邪魔してしまう。やがてそれが慢性化し、性行為自体がプレッシャーになってしまうと、どう頑張っても行為にすら至れない…ということにもなってしまいます。このような流れになってしまうとたいへんですよね。そこで頼りにしたいのがED治療薬です。

ED治療薬は即効性があり、目に見えて勃起状態を維持してくれるので、男性の自信を取り戻してくれるお薬です。そのなかでも人気のお薬というのが、「レビトラ」と呼ばれるものなのです。バイアグラなどが有名ですが、それよりもさらに即効性が高く効果が強いというメリットがあるため、非常に人気があります。

レビトラを通販で購入する

レビトラの作用機序

レビトラ作用機序について説明する医者

そもそも勃起させるためには陰茎の中にある海綿体へ十分な血液を送り込まないといけません。これがうまくいかないと勃起することができないので、EDという形になってしまうのです。

ED治療薬であるレビトラの有効成分には「バルデナフィル」というものがあります。これこそがレビトラの特徴でもあり、バイアグラでは効かなかったという人にとっては期待できる部分とも言えます。なぜなら、バイアグラには無くてレビトラにはあるものなので、ここに個人差が生まれるためです。

これは、陰茎の海綿体の平滑筋の緊張を緩めて血流を良くするという作用をするものです。自分では意識できないような部分への作用となるので、期待できる部分は大きいでしょう。

こうすることで、陰茎の海綿体への血液が十分な量送り込まれるという仕組みを確保し、性的興奮を感じた際に正常に陰茎が勃起状態になるのです。

また、後述しますがEDには心因性や器質性といったものがあります。医療機関ではそれぞれに合わせた治療方法を取るのですが、レビトラにあるこのバルデナフィルという成分はどちらにも効くとされているので、どなたでも安心して利用することができます。

レビトラの効果について

レビトラのパッケージ2種類

レビトラの有効成分であるバルデナフィルという成分は勃起を妨げる酵素であるPDE5の働きを妨げる効果があります。それによって勃起のサポートをします。

持続時間は5~10時間となっており、性行為の時間は十分持続することができます。また、これは一般的に知られているED治療薬のバイアグラよりも最大二倍近い持続時間でもあります。

日本で認可されているレビトラには5mg、10mg、20mgといった種類がありますが、5mgは効果が低すぎるという理由から医療機関では置いていません。ですので10mgと20mgの二択となります。身体のコンディションもありますが、10mgでは5~6時間、20mgでは8~10時間といわれているので、目的に合わせて利用することもできます。

また、効果的に使うには空腹時の使用がポイントとなります。即効性なのですぐに効果が現れますが、これによって勝手に勃起状態となり、そのままずっと勃起をしているというわけではありません。性的刺激を受けて初めて勃起に至るお薬です。性的欲求ありきでききめを発揮するお薬であるということは理解しておきましょう。

また、服用することで催淫効果が出たり、射精量が増えると期待している人も居るようですが、そういったことはありません。

レビトラの特徴とは

レビトラの特徴を解説する医者

レビトラは三大ED治療薬と呼ばれるものの人つであり、多くの方に期待されているお薬です。なかでもレビトラを利用される人は、どういった特徴を持っているのでしょうか?

バイアグラなどですと、食事の際の服用というのが問題視されていました。胃の中に食物が残っていると、それに邪魔されてしまい効果が半減されてしまうのです。しかし、レビトラはそういったことがなく、安心して服用することができるというメリットがあります。

先行して作られたバイアグラの欠点を解消するという形で作られたお薬とも言えるでしょう。

もちろん限度はあり、一般男性の標準的食事が約700カロリーですが、そのうちの脂肪の割合が30パーセントなら大丈夫ということになります。

また、糖尿病を患っている人にとっては、レビトラが有効であるというデータもあるようなので、そのことも特徴の一つと言えます。

重要な勃起の際ですが、他のED治療薬ですと、陰茎に血液が溜まる際に張る痛みを感じるという報告があるのですが、このレビトラですとそういったこともなく、自然な勃起が体験できたという声があります。ナチュラルに性行為を楽しむのにも、このレビトラでれば実現できるということでしょう。

レビトラとジェネリック医薬品

レビトラのジェネリック、バリフ

ED治療に効果的なレビトラ。これがあればパートナーとの性行為は問題なく楽しめます。となれば、ぜひ手に入れたいというのはもちろんでしょう。

レビトラは、医薬品ですので医師からの処方が必要になってきます。つまりコンビニやドラッグストアでは取り扱っておらず、病院やクリニックという医療機関で購入するという方法が一般的です。

気になるお値段ですがレビトラは、10mgで約1500円、20mgで約2000円という値段で購入できます。

しかし、中には医療機関が自宅のそばに無いという方もいらっしゃるでしょう。もしくは、数回の性行為の度に1500円~2000円という金額が必要になるのは、けして安くはないという方もいらっしゃると思います。そういった方にとってはレビトラの利用は困難です。

近年よく聞く言葉として「ジェネリック医薬品」というものがあるのをご存知でしょうか?個人輸入で通販感覚で入手することができます。じつはレビトラにもジェネリック医薬品があり、自宅の近くに医療機関の無い方や、金銭的に余裕の無い方にとっては朗報と言えるでしょう。

レビトラの利用を考えておられる方は、ジェネリック医薬品も視野に入れて検討されてみてはいかがでしょうか?

ジェネリック医薬品とは?

レビトラのジェネリック医薬品について紹介する医者

ところでジェネリック医薬品というものを良く知らないという人もいらっしゃると思います。普段から病院などを利用しておらず、お薬についてもあまりかかわりがないと、わからないかもしれません。近年、このジェネリック医薬品という言葉をよく聞くようになりました。身近な人にジェネリック医薬品を使っているという人が居るが、自身はよく知らないということもあるかと思います。

「ジェネリック」とは一般的なという意味があります。ジェネリック医薬品というのは直訳すると一般的な医薬品という意味になるのですが、ここでは広く使われていて効能や安全性が保障された医薬品のことをいいます。

これはどういう意味かというと、ジェネリック医薬品には後発医薬品ともされていて、新薬は先発医薬品といわれていますが、後発することによって先発にはなかったものを取り入れて世に出すことができるというもの。特徴については後述しますが、「同じものでありながら改良されているお薬」それがジェネリック医薬品なのです。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品の錠剤

ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品とも言います。その名の通り、正規のお薬が作られてから、別の製薬会社によって作られるものです。

一から作るわけではないので、その分費用を抑えられるため安価で販売することが可能なうえ、効能など一定のレベルをたくさんの厳しい試験でクリアしたものだけが認められるため、利用者である私たちにすれば「同じ効果のお薬を安価で手に入れられる」というメリットが生まれるわけです。

しかし、ジェネリック医薬品というのは単純に真似をした他製造会社によるものというだけではなく、改良をなされているという点が大きな特徴と言えるでしょう。

じつはジェネリック医薬品では、有効成分の種類や量、用法用量、効能や効果こそ変えてはいけないというルールがありますが、お薬の形状、味、添加物などは変えても大丈夫となっています。

たとえば従来のものはお薬が大きくて服用する際に大変だったという場合もありますが、ジェネリック医薬品ではサイズが小さくなり服用しやすくなっていたり、もしくは苦くて飲み辛かったという場合には、甘くしてあるなどといった工夫がなされているのです。

従来のものでは利用が難しくても、ジェネリック医薬品なら利用できるかもしれないという選択肢ができるというのは、嬉しい話ですよね。

バリフの特徴

バリフのパッケージ

ジェネリック医薬品のひとつに「バリフ」というものがあります。

バリフはレビトラ同様バルデナフィルという成分で作られており、三大ED治療薬であるバイアグラ(シルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)とは別なので、これらで効かなかったという人には効果を期待することができます。

バリフもまた即効性があり、服用してから効果が現れるまで最短でも15分となっています。さらに効果が一番強く現れるのが服用から60分後と言われています。

バリフは20mgで取り扱われており、通常であれば半分にカットして10mgとして利用していきます。それでも強いと感じた場合にはさらに半分にカットして5mgとして使いますが、レビトラが医療機関では5mgはその弱さゆえに取り扱っていないということからも、バリフもまた10mgが基準といえるでしょう。

また、バリフはレビトラのジェネリック医薬品であるため、当然のことながら値段が変わって来ます。レビトラは一錠あたり1500円~2000円であり、もちろん医療機関での入手になるため、これに診察料がかかってきてしまいます。となれば、その金額ともなればそれなりのものとなってしまいますので、余裕の無い人にとっては問題ですが、バリフは一錠あたり260円ほどで手に入るうえに個人輸入なために診察料などがかかりません。

ジェビトラの特徴

ジェビトラ

「ジェビトラ」もまた、レビトラのジェネリック医薬品のひとつです。

効果もレビトラと同じなので、効果的なED治療を期待することができます。

こちらも安価で手に入れることが可能なため、レビトラには手が届かないという方にはオススメのお薬とも言えるでしょう。

ジェビトラの特徴として容量が他と比べて大きいというのがあります。10mgや20mgといったものがほとんどなのに対し、ジェビトラは20mg、40mg、60mgといった規格になっています。この容量の大きさはなにかというと、そもそもジェビトラは外人用に作られたお薬だということが大きいでしょう。身体の大きさが私たち日本人とは違うので、お薬の大きさもそれに比例しているのです。しかし、日本人の身体には合っていない大きさなので、一番小さい20mgであっても、効果が大きく体調不良へと繋がってしまうので注意が必要です。

このジェビトラの規格についての注目所は、たとえ60mgであってもカットして使う事でリーズナブルに使って行けるというところでしょう。20mgでは一錠260円ほどですが、40mgでは一錠320円ほど。これを二等分にすれば20mgを160円ほどで利用することができるので、お得に利用することができます。60mgは日本人には規格外ですが、もし20mgでも効かないという人には半分にした量で使うという選択肢もアリでしょう。それでも一錠400円の半分なので200円分となり、やはりお得です。

また、ジェビトラはゼリータイプもあるので、錠剤タイプが飲み辛いという方にも選択肢があるのも特徴です。

バリフゼリーの特徴

バリフゼリー

「バリフゼリー」とうのは、その名の通りバリフのゼリータイプとなるお薬です。

錠剤タイプとは違い液状なので水が無くても飲めるというのが最大の特徴と言えるでしょう。このお薬は袋に小分けされているために持ち運びがしやすく、かさばりません。よっていついかなるときにも対処がしやすいというのもメリットとなるでしょう。

一包みあたりの内容量は20mgですが、ゼリータイプなので飲みきってしまう方が良いでしょう。数あるバリフのジェネリックの中でもっとも即効性が高いのもポイント。

また、もうひとつ際立った特徴として味が付いているところでしょう。バナナ、オレンジ、ミント、ストロベリー、パイナップル、ブラックカラント、バタースコッチといった7種類の味を楽しめますので、毎回新鮮な気持ちで服用することができます。

バリフゼリーは、ウィークリーパックとして1種類のみが販売されていて、病院での販売はありません。入手するには通販サイトでの購入となっています。

値段は種類のなかでは最も高く、1包み20mgが330円ほどとなっています。分割することも難しいので、錠剤タイプのようなお得さもありません。値段にこだわるのであればオススメはできませんが、持ち運びの良さや効果については突出するものがあるので、自身の使い方によればメリットは大きいと言えるでしょう。

バリフとジェビトラを比べよう

バリフとジェビトラを比較する医者

バリフもジェビトラも同じ錠剤タイプであり、レビトラのジェネリック医薬品として同じ効果やお値段なので、ほぼほぼ違いと呼べるものはありません。

しかし、このふたつを比較したとき、もっとも異なるのは内容量でしょう。バリフは20mgの販売がメインですが、ジェビトラは20mg、40mg、60mgといったものが存在します。日本人にとっては20mgは基準量か少し多めにあたるため、40mgや60mgといった量は使いようがないのですが、ピルカッターで小さくして服用することで通常の20mgと変わらないくらいの量を服用することができます。この方法を使えば、通常の20mgのものを購入するよりも実質安い価格で購入することができます。

実はこの使い方には、お値段の他にも特徴があります。それは、細かく服用ができるのでここまででは効かなかったけどもう少し足してみようというような調整をすることができることです。つまり、身体の負担を見ながら使うことができるのです。

お薬に副作用はつきものです。お薬を飲めば飲むほど効くということは、その分副作用もついて回ります。理想としては、もっとも効果が出ている状態で、かつ副作用の少ない状態ですよね。ジェビトラを使えばこういったことを模索していけるので、容量の種類がたくさんあり、錠剤タイプなのでカットして利用できるという点はメリットと言えるでしょう。

バリフとバリフゼリーの比較

バリフのパッケージと錠剤

バリフとバリフゼリーは、どちらも同じバリフとしてのお薬であり、大きな違いというのは一見無いようにも思います。しかし、錠剤タイプであるか、ゼリータイプであるかで大きく違う部分もあります。

まず、服用のしやすさが挙げられます。

今はどこに行ってもコンビニがあるので、大して苦労することもないかもしれませんが、すぐに水を飲むことができないような状況の場合、錠剤タイプだと服用は難しいですよね。

その点、ゼリータイプであればすぐに服用できます。

もっと言えば、カプセルタイプや錠剤タイプなどを飲み込むのが苦手だという人は多いと思います。苦手な錠剤タイプをわざわざ買わなくても、ゼリータイプのものを服用すればいいのです。ゼリータイプであれば、すっと飲み込むことができるでしょう。

そして、効果の出やすさも異なります。錠剤タイプのものは、バルデナフィルなどの成分をコーティングして錠剤にしています。このコーティングが溶け、体に吸収されて初めて効果が現れます。その点、ゼリータイプのものの場合はゼリーでコーティングされているとは言え、錠剤のコーティングよりも素早く体に吸収されていきます。そのため、効果の出やすさ(即効性)という面で考えるとゼリータイプの方が早いと言えます。

ジェビトラとバリフゼリーはどう違う?

ジェビトラのシートと錠剤

ジェビトラは錠剤タイプ。バリフゼリーは液状タイプなので、そこには携帯の利便性や効果、飲み方といった違いはあります。しかし、やはりこのふたつを比較する際に無視できないのは、内容量の違いでしょう。何といってもジェビトラには20mg、40mg、60mgといった選択肢があり、ピルカッターでカットすれば金銭的な負担も軽減できますし、効果と体調のすり合わせが可能です。しかし、バリフゼリーには20mgのものしかありません。固体ではないため、キレイに分割することもできず、錠剤タイプのような使い方はまずできないでしょう。となると、この辺にこだわる人であれば、比較対象となるのではないでしょうか?

ちなみにゼリータイプのジェビトラもありますが、こちらの場合は味が比較対象のひとつになるかもしれません。ジェビトラゼリーにはストロベリータイプしかありませんが、バリフゼリーは他にもバナナやオレンジなど7種類あるので、飽きずに服用するならバリフゼリーの方がお得かもしれません。

通販で簡単に買える

恥ずかしくても買える

恥ずかしさを感じている男

バリフなどのED治療薬というのは、とても効果を期待できるお薬なので、購入したいと考えている人も多いのではないかと思います。ジェネリック医薬品は個人輸入で購入することができるので、お得に購入できます。

ジェネリック医薬品の多くは外国で作られているもので、日本ではまだ認可されていないため、販売されていません。ただし、個人で使用するのであれば輸入は認められています。そのため、個人輸入という形でジェネリック医薬品を購入することができるわけです。

この個人輸入という入手法のメリットのひとつに、誰も介さずに手元に届くという点があります。バリフなどのお薬というのはED対策の医薬品であるため、誰にも知られないように治療したいと考える人も居るでしょう。個人輸入はいわゆる通販なので、一度でも通販サイトを利用したことがある人なら簡単に利用することができます。

しかし、この際に気を付けておきたいのは、自己責任によるところが大きいというところです。商品の見極めもしっかりと自分で行わないといけません。

バリフの偽物?

偽物の医薬品

インターネットが普及したことにより、非常に便利になった現代。さまざまな情報が飛び交い、自宅に居ながらにして多くのことができるようになりました。しかし、その利便性には落とし穴もあることを忘れてはいけません。それは情報が多すぎて良い情報ばかりか誤った情報までも得てしまうことです。

これは情報だけの話ではなく通販サイトなどで商品を購入する場合も同じです。

実はバリフには偽物と言えるものも出回っています。間違えて購入してしまうと、偽物ゆえの粗悪な出来により、効果を得ることができなかったり、最悪のケースとして健康被害にあう可能性があるのです。そういった事態にならないように、購入する際には安易に決めてしまうのではなく、しっかりとした情報を得てから決めるようにしていきましょう。

偽物の危険性

バリフの偽物で起こりうる危険

バリフはED治療薬のであるレビトラのジェネリック医薬品です。新薬のレビトラよりも安く購入ができるため人気もあり、EDの方にはありがたい存在でしょう。しかし、人気があるものにはありがちなことともいえますが、インターネット上にはバリフの偽物が出回っています。

さて、そんな偽物というのはどのような危険性が潜んでいるのかというと、「本来あるはずの有効成分が含まれていない」というのがまずひとつ。いくら飲んでも効かないというのはもちろんですが、偽物と気付かずにいると、効かないなら他の商品にしよう。でも前は20mgじゃ効かなかったし、倍の40mgくらい飲んでも平気だろうと服用してしまう要因にもなります。このときのものが正常なお薬だった場合、いきなり40mgという規格外な量を摂取してしまうことになるので、身体を壊してしまうことにもなりえます。

さらに怖いのは「本来含まれているものには無い別の成分が入っている」というもの。どんな症状が出るか分からないというだけでなく、飲み合わせの問題もあるので、命の危険も伴ってしまいます。偽物には手を出さないように見極める術を持つことが大事です。

偽物を見分けるポイント

偽物を見分けるポイントを解説する医者

バリフの偽物を購入してしまわないためには、どういったポイントに気をつければ良いのでしょうか?気になる見極めの方法について考えていきましょう。

まずは、こういったお薬の多くはジェネリック医薬品ということから、個人輸入になります。そしてその多くが個人輸入代行サイトにお世話になり手に入れるというケースがほとんどだと思います。この場合は個人輸入代行サイトを信頼するしかないわけですが、口コミなどでサイトの信頼性を見ておくこと。カスタマーセンターがあるかどうかというのもポイントです。万一トラブルがあったときに対応してくれるのがこのカスタマーセンターですが、それがないとなれば問題がある商品を扱っている可能性が高いとも言えます。また、成分検査をしているサイトを利用しましょう。成分検査をすれば粗悪な成分が発覚するため、安心です。

もしくはパッケージでの判断もできます。英語なので難しいかもしれませんが、成分がちゃんと入っておりますという表記がなかったりするのは危険です。「Each tablet contains~~mg tadalafil(成分名)」と書かれていると「すべての錠剤に~~mgの有効成分が入っています」という意味なので、チェックしてみましょう。

商品が届いたら、服用する前に偽物か本物かしっかり確認しておきましょう。

正規品のバリフの画像や、バリフの特徴をあらかじめネットで調べておくことで、本物か偽物かの判断を容易につけることができます。

服用してから何かあっては遅いので、まずは見た目で正規品かどうかの判断をつけるようにしましょう。

個人輸入代行を使って医薬品を購入するときはこのような点に気をつけましょう。

おすすめの記事

人気のレビトラジェネリック、バリフ

バリフの効果や副作用

バリフの効果や副作用、人気がある理由をご紹介!

PCから購入する

通販で購入するポイントは?

バリフは通販で購入できます!サイトの選び方やメリットについて正しく理解しましょう!

体験談を紹介する医者

体験談を参考に選ぼう!

バリフの口コミや体験談は通販を利用する前に是非参考にしましょう!

EDになって落ち込んでる男

EDの原因は一体なに!?

EDの原因(種類)は人によって違うので、自分がどのタイプがまずは理解しましょう!